Home

трънки и блогинки

専制的な親に育てられた男の子は「女々しい」、小学校教諭が調査

2013年8月26日、任智康(レン・ジーカン)さんは、浙江省杭州市の採荷三小学校で教鞭をとる男性教師です。他の女性教師が教師の話を素直にきく児童を好む傾向にあるのとは異なり、任先生はいまどきの小学生について、「どうして男の子は男の子らしくないのか。何をするにつけても男っぽさのかけらもない。話し方は極めて女の子っぽく、勇気を出して話そうとしない、思い切った行動に出ない、独立性に乏しい」と感じています。また、男の子が「女の子が僕をいじめる」と教師に訴えに来ることが頻繁にあったそうです。授業中に発言することや、教師に質問するケースも少ないというそうです。

任先生は、2年の歳月をかけて特別な調査を実施しました。調査対象となったのは、杭州市内の小学校4校に通う中・高学年の男子児童35人。彼らはいずれも、やや弱々しく人が良いという性格上の特徴を備えています。

調査の結果、男の子が軟弱な性格であることと、家庭の雰囲気との間には、非常に深い関係があることが分かりました。和気あいあいとした温かな家庭環境で育った子供は、明朗活発、親切、素直といった性格を備えています。一方、雰囲気の良い時と悪い時との差が激しく極めて不安定で、両親や他の家族との間で喧嘩が絶えない家庭の場合、子供は冷淡・偏屈・卑屈な性格になるケースが多いそうです。特に、子供を溺愛する親や、専制的な親に育てられた男の子で、男らしい子はほぼ皆無らしいのです。

◆男の子の軟弱な性格と専制的な親、高い相関関係

任先生は杭州市内の小学校4校に通う、やや軟弱で人の良い性格を持つ中・高学年の男子児童35人を対象に調査を行いました。調査の対象となる男子は各クラス担任が選んでいます。

任先生は調査を進めるうちに、調査対象児童の67%において、「臆病・卑屈・依存的・内気」といった性向がかなり高い事実を突き止めました。

また調査の結果、男の子の「臆病・卑屈・依存的・内気」などの性格と、家庭の雰囲気との間には、かなり深い関係があることが明らかになりました。軟弱な性格の男の子の親は、「溺愛型(50%)」が多く、「専制型(33%)」がこれに続きました。溺愛型の親に育てられた男の子の性格上の特徴としては、「依存的(86%)」「内気(67%)」「卑屈(33%)」が多かったそうです。また、専制型の親の場合は、「内気(90%)」と「依存的(70%)」が目立っています。

アンケート調査において、「軟弱な性格」に絡む具体的な問題として、「自分を表現する勇気がない」「優柔不断で何事も決められない」「自信がない」などが挙げられました。また、溺愛型の親に育てられた男の子には、「独立意識と自己判断力に欠ける」「何事をするにも思い切ってできない」などの特徴が見られました。専制型な親は、子供に対してあまりにも厳しい態度で接し、かなり横暴な管理教育を行うケースが多いことから、成長するにつれて子供の口数が少なくなり、周囲の人々との付き合いが苦手になり、気が小さく臆病な性格に育つ傾向になるようです。

◆男の子の性格と両親の職業にも相関関係あり

任先生は、調査研究のプロセスで、両親の子供に対する期待と男の子の性格形成との間の相関関係についても分析を進めました。

軟弱な性格の男子児童の両親のうち53%は、子供の将来の職業に対して高い期待を抱いていました。また、33%は、自分の子供とよその子供との比較をしばしば行っていました。

両親の職業も、男の子の軟弱な性格と深い関係があり、主に、一般労働者(40%)と商人(33%)に集中していました。両親の文化レベルや家庭の経済的条件と男の子の性格との間には、顕著な相関関係は見られませんでした。

また、「家庭と周囲の人間関係」と男の子の軟弱な性格との間にも、大きな関係性があるようです。調査の結果、近所との行き来が多い家庭はわずか6%だったが、そのような家庭の男の子は軒並み、明るく活発な性格の持ち主でした。これは、良いお隣さんに恵まれると、子供は好ましい社交関係を築き、男の子は男らしく、勇ましく、明るく、心の広い子に育つという事実を物語っています。

◆臆病さを乗り越えるには、子供に様々な経験をさせることが必要

男の子が臆病な性格の場合、どうやってそれを乗り越えさせれば良いのでしょうか?杭州のいくつかの有名小学校の先生は、いくつかの提案をしています。

子供が自分の臆病さを克服するためには、まず、その子が十分な自信を持つことが必要です。自信を持つためには、子供は成功を体験し、喜びを味わう機会を多く持つことが必要です。成功は、入念な準備によってもたらされます。

たとえば、子供が来客をもてなす時に、萎縮せず堂々とおもてなしをするためには、お客が来る前に、客間を掃除して整えるなどの準備を子供にも手伝わせます。親は、子供と一緒に客間を片付けながら、自然なリラックスした雰囲気の中で、お客とどのようにして話をしたらよいかを教え、お茶やお水の振る舞い方を事前に練習させると良いです。

子供がクラスの中で勇気ある態度で発言できるようになるためには、子供と仲の良いクラスメート数人を家に呼び、子供が彼らの前で短い話をするような練習の場を作ってあげると良いです。幾度か練習を重ね、子供が自信を持つようになったら、授業中に本人に質問してもらえるよう、教師に連絡を取って頼んでみましょう。

クラスで「お楽しみ会」が開かれる時は、事前に教師に連絡し、子供に小さな出し物を準備させて披露させるか、集団の出し物に参加させてもらい、子供が人前で自分を表現する機会を増やせるようサポートすることが重要となります。

クラスで成績10位の学生が社長になりやすい、トップは自分勝手

2013年4月1日、荊楚網によると、学業の成績が最も優秀な学生よりも、「クラスで成績10番目の学生が最も会社社長になりやすい」というそうです。

専門経営学修士(MBA)プログラム・エグゼクティブとして台湾で有名な講師で台湾中央大学管理学院教授の林子銘(リン・ズーミン)氏が3月26日、湖北省武漢長江工商学院を訪問した際に指摘しました。

林教授によると、台湾のビジネス誌の調査で、大企業の社長の多くはクラスでトップの成績だった人ではなく、10位だったという。一体、なぜでしょうか?

林教授はその理由について、「計画・管理という観点から見ると、成績が優秀な学生は、毎日家に帰ると両親が勉強に目を光らせ、小さい時からテストの点ばかり重視している。見えているのも自分だけ。このような学生は『こころの知能指数(EQ)』があまり高くなく、1点2点をめぐって闘争心を燃やす。クラスメートに気遣いを示すこともない」と分析しました。

一方、「10位の学生の知能指数(IQ)やキャリアは中の上といった程度。しかし、このような学生はテストの点に左右されることはなく、多くのエネルギーを、知識を自分のものにすることに使う。また、プレッシャーに強く、広い人脈を持つ」と、社長になる潜在能力を指摘。戦略学で起業に必要とされる知能、感情、逆境克服、社会性、文化力、意志の6つの要素を兼ね備えているのだそうです。

林教授は、「列に割り込んだり、車を運転中に他の車を追い越すことばかり考えていたりする人が成功の道を歩むことはない。このような人は自分勝手。人が成長していく上で、最も重要なのは『思いやりの心』」だと語った。また、「大学生は思いやりの心を培い、他の人を気遣うことを学ばなければならない。専門知識を学ぶと同時に、EQを向上させなければならない」と話しました。

起業を成功させる別の秘訣について、林教授は「男性が結婚する際には、戦略の運用を適度な位置にとどめることを覚えなければ、家庭との調和がとれない」と、家族と良好な関係を保つことの必要性を指摘。中国の家庭で最も複雑な嫁姑問題に関しては、「男性は自分が親孝行することばかり考えるのではなく、時には母親の前で悪役を演じ、妻を立てることも必要」とアドバイスしました。

子供はケンカで負傷するとIQが下がる―米研究

2013年8月27日、米心理学センターの公式サイトでこのほど、フロリダ州立大学の犯罪学・刑事司法学院の研究員が、「子供はケンカで負傷すると知力を損ない、特に女の子に対する害が大きいことが明らかになった」と発表しました。

米医学誌「Journal of Adolescent Health」にも掲載された同研究結果によると、毎年、高校生の4%がケンカが原因で負傷し、その傷が知能指数(IQ)に大きな影響を及ぼしているそうです。男子学生はケンカで1回負傷すると、IQの数値が1.62ポイント下がるのに対し、女子学生は3.02ポイントも下がります。

この数字は、1年休学した時に下がるIQの数値に匹敵します。男子の受ける影響が女子よりも小さい理由としては、外傷に対する抵抗力が女子より強いことが考えられるそうです。

容疑で福岡市元職員逮捕へ 還付金など着服

福岡・東署が28日、国民健康保険料還付金など百数十万円を着服したとして、福岡市東区役所の元職員の男(33)について、業務上横領容疑で逮捕状を取り、任意で事情聴取を始めたことが捜査関係者への取材で分かりました。容疑が固まり次第逮捕する方針です。昨年5月中旬に市の調査で着服の疑いが浮上し、市が同容疑で告訴していました。

捜査関係者によると、元職員は東区役所保険年金課に勤めていた09~11年、市民が納めた国保や後期高齢者医療保険料の還付金などを十数回にわたり百数十万円着服した疑いがあります。

市民からの指摘などを受けた市が調査し、昨年5月中旬、元職員による着服の疑いが浮上。元職員は着服を認め、市は08年4月~12年春に約800万円の着服があったことを確認しました。県警は、そのうち裏付けのとれた容疑で逮捕状を取りました。

市は着服について昨年6月に発表し、当時農林水産局に所属していた元職員を懲戒免職処分にしました。

上席国税調査官ら逮捕へ

大阪国税局のOB税理士に国税局の内部資料が流出した問題で、大阪地検特捜部は、西税務署(大阪市西区)の上席国税調査官やOBについて法人税法違反(脱税)の疑いで逮捕する方針を固めました。OBの担当企業の脱税が成功するよう、調査官が資料を渡すなど協力した可能性があるという。

特捜部はOB側と調査官の間に金品の授受がなかったか慎重に調べる方針で、国税職員が絡んだ脱税疑惑の全容を解明するそうです。

捜査関係者によると、問題の資料は、大阪市内のホストクラブ運営会社について、国税局が申告や納税状況の問題点をまとめたものとされています。税務調査に臨む際の重要な資料で、企業側に知られてはならない内容だそうです。

調査官は、西税務署で運営会社の税務調査を担当していました。しかし、運営会社から税務の委託を受けた「税理士法人ナイスアシスト」(大阪市浪速区)の実質経営者で、国税局OBの細名高司被告(61)=法人税法違反などの罪で起訴=に資料を渡すなどし、運営会社の脱税に関与した疑いが持たれています。

運営会社は2011年ごろ、国税局の税務調査を受け、申告漏れを指摘されて追徴課税されています。その後、更に法人税などの脱税の疑いが浮上しました。

特捜部は、細名被告が運営会社の脱税を指南するにあたり、調査官が資料を渡すなどして協力した可能性があるとみています。調査官と細名被告は同じ税務署で勤務したことがあり、最近まで親交が続いていたそうです。

【容疑で福岡市元職員逮捕へ 還付金など着服】

福岡・東署が28日、国民健康保険料還付金など百数十万円を着服したとして、福岡市東区役所の元職員の男(33)について、業務上横領容疑で逮捕状を取り、任意で事情聴取を始めたことが捜査関係者への取材で分かりました。容疑が固まり次第逮捕する方針です。昨年5月中旬に市の調査で着服の疑いが浮上し、市が同容疑で告訴していました。

捜査関係者によると、元職員は東区役所保険年金課に勤めていた09~11年、市民が納めた国保や後期高齢者医療保険料の還付金などを十数回にわたり百数十万円着服した疑いがあります。

市民からの指摘などを受けた市が調査し、昨年5月中旬、元職員による着服の疑いが浮上。元職員は着服を認め、市は08年4月~12年春に約800万円の着服があったことを確認しました。県警は、そのうち裏付けのとれた容疑で逮捕状を取りました。

市は着服について昨年6月に発表し、当時農林水産局に所属していた元職員を懲戒免職処分にしました。

Home

検索
フィード
メタ情報

Return to page top